社会人 看護学校受験

看護学校受験をする社会人が増えている?

  スポンサード リンク

現在、社会人として働きながら看護学校受験を目指す人が増えていることをご存知でしょうか ?

 

不景気、就職難・・などと、先行きのあやしい言葉ばかり飛び交う現代社会ですが、そんな世の中においても看護師は、多くの人に必要とされ、いつでも確実に需要がある職業です。

 

当然、簡単になれる職業ではありませんが、たとえ社会人であっても、その後の人生を考えたとき、看護師は充分に目指すだけの価値がある仕事と考えられます。

 

そこで、このサイトでは、社会人の皆さんが看護学校受験を目指すにあたっての有益な情報を集めてみました。もちろん学生さんがご覧になっても有益な情報をまとめてますので、どうぞ参考になさって下さい。

 

 

さて、本題に戻りますが・・
社会人看護学校受験する場合には、大きく分けると2つの方法があります。
ひとつは一般入試、そしてもうひとつが社会人枠での入試です。

 

一般入試は現役の学生に混じって学科試験面接小論文などの試験を受けることになります。それに対して社会人枠での入試面接小論文での評価が主だという場合がほとんどです。

 

学校を卒業してからの期間が長いと、看護学校を受験するにあたっては学力に不安を抱える人も少なくないことでしょう。そのため社会人枠では受験者が殺到する傾向がありますので一般入試との併願を考えた方が良いでしょう。

 

 

 

<現在の看護業界に求められている社会人としての経験>

 

それでも、すべての看護学校に社会人枠が設けられているわけではありません。多くの場合、一般入試で看護学校受験をする人が多いのが現実です。社会人は勉強にブランクがあるので、社会人から看護師を目指すことは、決して楽な道ではないかもしれません。

 

けれども、看護学校が社会経験の年数を受験資格として受け入れるからには、社会人としての経験が現在の看護業界に求められていることも意味されています。実際、社会人からの看護師を、新人の看護師よりもを率先して採用する病院もたくさんあるのです。

 

そんなわけで、上記でも少し触れましたが、社会人からの看護学校受験は、一般入試にしても社会人枠にしても、面接や小論文そして提出書類の志望動機書が重要になってきます。ですから、看護師を目指す自分の「志」は、今からしっかりと整理しておきましょう。

 

 

社会人からの看護学校受験についての情報でした。


スポンサード リンク

サイトマップ