看護学校 費用

看護学校でかかる費用は ?

  スポンサード リンク

看護学校にかかる費用は、学校によって実に様々です。

 

初年度納入金だけを取ってみても、金額が低い看護学校は30万円台から高いところは500万円を超える場合もあります。

 

入学金も1万円台の看護学校もあれば、90万円以上という場合もあります。

 

ただ、初年度納入金や入学金が高くとも、施設費や実習費・教科書代がかからないという場合も見受けられますので、一概に高い安いの判断は難しいかもしれません。

 

看護学校によって、これだけの費用の開きがあるのは、学校の規模・施設装備の充実の差、授業カリキュラムの差など様々な要因があります。

 

けれども、国家資格である准看護師や看護師の試験を現役で突破するからには、かなり充実したカリキュラムや実習機材などは必須となってきます。

 

 

安かろう悪かろうとは一概には言えませんが、看護学校選びは失敗するとかなりのリスクを背負う事になります。

 

ですから、まずは資料を請求し、できれば実際に見学した方が良いと思います。

 

また、看護学校の費用が安く、充実したカリキュラムや施設だとしても、地元から遠く離れた場所だと別の費用が多額にかかる事を忘れないようにしましょう。

 

 

 

<一般的に設定されている看護学校でかかる費用>

 

看護学校でかかる費用には、次の通りの内容が一般的に設定されています。

 

  • 初年度納入金
  • 入学金
  • 授業料
  • 施設費
  • 実習費
  • 教科書代
  • その他費用
看護学校でかかる費用についての情報でした。


スポンサード リンク