看護学校 補欠

今とても人気がある看護学校の補欠で合格したら

  スポンサード リンク

人気のある職業の一つに看護師がありますが、看護学校補欠で合格するという場合があります。

 

補欠というとあまり聞こえはよくありませんが、看護師は応募者が殺到しますので、どういうかたちであれ合格して難関を突破するというのは素晴らしいことです。

 

 

では、なぜこうした合格の仕方が起こるかというと、やはり難関なので併願して入学試験を受けているケースが多いからなんです。

 

念のために二つ受験して、二つとも合格した場合はどちらか一つを選択しなければいけません。
そこで合格辞退というケースが起こりますので、枠が一つ空きますから、そこに次点の方が補欠合格として繰り上げになる訳です。

 

 

 

<看護学校補欠の合格発表を待ってみましょう>

 

しかし問題なのは、仮に補欠合格の通知が届いても基本的には自分が今何番目で空きを待っているのかというのは知らされません。
ですから、あと何人辞退者が出れば自分が繰り上げになるのかというのは分かりませんし、その時期も学校によってばらつきがあります。

 

したがって、待っている間は不安でいっぱいですし、少し待って入学を希望するのか、もしくは待たずに就職先などを探すのかというのは、とても難しい判断になります。

 

ただせっかくの機会なので、少し気長に正式な通知が来るのを待ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

あいまいな点もありますが、看護学校の補欠というのは制度として今後も残っていくに違いありません。

看護学校の補欠合格についての情報でした。


スポンサード リンク