看護学校 授業

具体的には看護学校ではどのような授業が行われているのか

  スポンサード リンク

看護学校授業の内容というのは意外と知られていませんが、大きく分類すると2つに分けられます。

 

それは専門教科の勉強と実習です。この2つの軸を中心にして授業は進められて行きます。

 

 

始めに専門教科ですが、具体的には、解剖学、生理学、薬学、臨床心理学などがあり、たくさんある病気の症状の勉強や内科、外科、小児科などのそれぞれの分野の勉強まで実に多岐に及びます。

 

主には在籍する各教科ごとの先生が教えてくれますが、場合によっては現役のドクターや有名な医大の教授が授業を受けもってくれるケースもあります。

 

こうした場合は、直接生の声を聞く大きなチャンスなので積極的に話を聞いたり質問したりしましょう。

 

 

続いて実習は、始めは学校内で生徒同士で、シーツ交換や病室の清掃など基礎的なことを学んでいきます。

 

慣れて来たら、採血や注射、食事や排泄のサポート、患者さんの体の動かし方などより実践的なことを学んでいきます。

 

 

 

<看護学校授業では、校外の実習もあります>

 

校内でそういった点が上手く出来る様になると、今度は実際に外に出て病院や介護老人ホームなどの現場での実習経験を積む様になります。

 

この時は実際に患者さんのお世話をしますので、最初は緊張するはずですが、とてもためになるはずです。

 

とにかく、こうした看護学校の授業は将来必ず役立ちますので、疎かにしないで勉強しましょう。

看護学校の授業についての情報でした。


スポンサード リンク