社会人 看護学校 現状

社会人の看護学校の現状記事一覧

社会人が看護学校に入るための倍率

社会人が看護学校に入る場合に限りませんが、進学する時に、誰もが気にするのが倍率です。すでにご存知とは思いますが、倍率とは、合格できる人数に対して入試を受ける人数がどれぐらいかを表した数字です。合格40名に対して200名が受験をすれば倍率は5倍ということになります。今や看護学校は多くの人が目指す学校で...

≫続きを読む

夜間に通える看護学校

看護師を目指してみようかと考える人は、年々増加しています。それは現役の学生のみならず、既に働いている人や、一度家庭に入った主婦も少なくありません。昼間は働いたり育児をしながら「夜間」に看護学校に通いたいと希望する人も多いようです。ところが残念ながら、「夜間」に通うことのできる看護学校は現実にはひとつ...

≫続きを読む

看護学校と主婦

主婦が3〜4年間も看護学校で学生として勉強するのには、それなりの覚悟が必要となります。看護学校は、家庭があるからと言って主婦に手加減してくれるほど甘くはありません。課題やレポートの量も驚くほど多く、授業も習ったことのない専門分野などありますので、家に帰ってからもかなりの学習が必要になります。また、看...

≫続きを読む

公立の看護学校

看護師の資格を取得しようと思ったら、大学、短大、専門学校に通うなど様々な方法がありますが、費用の面から考えましたら公立の看護学校に行くのが最も経済的負担が小さくて済みます。各学校によって費用は異なりますが、中には入学金だけで何百万円もかかるところもあります。それと比べると公立の看護学校は、格段にリー...

≫続きを読む

看護学校での留年

一般の学校と同じ様に看護学校の留年というのも、しっかり存在しています。理由は、単純に勉強内容についていけないという場合もありますし、授業を何度も何度もサボってしまったというよくありがちな訳もあります。一方で社会人の方も多く在籍していますので、仕事や家事、育児とのバランスがとれずに留年してしまうという...

≫続きを読む