看護学校 倍率 社会人

社会人が看護学校に入るための倍率

  スポンサード リンク

社会人看護学校に入る場合に限りませんが、進学する時に、誰もが気にするのが倍率です。

 

すでにご存知とは思いますが、倍率とは、合格できる人数に対して入試を受ける人数がどれぐらいかを表した数字です。合格40名に対して200名が受験をすれば倍率は5倍ということになります。

 

今や看護学校は多くの人が目指す学校です。
現役の学生のみならず、一度は就職して働いている社会人までもが自分自身を見つめ直し看護師になりたいと考えています。一番の理由は、何と言っても、安定した求人があることと、待遇が安定している点でしょう。それでも、まだまだ看護師は不足していると言われています。

 

看護師は、時間が不規則な交代制の勤務は確かに過酷ではありますが、同じような条件でさらに大変な仕事も世の中には山ほどあります。今のご時勢、仕事を得ている社会人であっても看護学校に通って資格を取得し、より安心した将来を考えたくなるのも頷けます。

 

このように社会人から看護師を目指す人は年々増えています。その社会人が看護学校へ行く場合ほとんどの人が看護専門学校を目指します。もちろん現役の学生も看護専門学校を目指す人が増えています。それにもかかわらず看護専門学校の数は減少していますので、看護専門学校の倍率は必然的に高くなってきています。

 

 

 

<社会人枠の倍率は高い>

 

このように多くの人に目指される看護学校ですから、受験の倍率は決して低くはありません。
場合によっては、前年3倍で翌年更にその倍と、誰もが驚く勢いで倍率が跳ね上がる場合もあります。この点も現代の不安定な社会情勢を反映していると言えるでしょう。

 

看護学校の社会人枠の入試の場合では、定員は公開されていない場合がほとんどです。若干名と表記されていますが5名前後が多いようで、倍率については高い学校では20倍にもなる所もあるようです。このように社会人枠では倍率が高騰する傾向がありますので、一般入試と併願することが受験対策としては基本となります。

 

勉強面で現役の学生よりも不利になりがちな社会人ではありますが、社会人枠の入試の方が、一般入試より早く行われるため、社会人枠の入試と一般入試を併願すれば、面接や小論文については「場馴れ」できるという利点もありますので、この点はおさえておきましょう。

 

社会人が看護学校に入るための倍率についての情報でした。


スポンサード リンク