看護学校受験 英語

看護学校受験での英語科目について

  スポンサード リンク

看護学校受験の際には、英語を勉強する必要があります。必ずテストには英語の科目が、どこの学校も存在しています。

 

特にむずしい英語ではないのですが、中学校レベルの英語力をある程度おさらいしておく必要があるでしょう。

 

 

看護師には英語は特に関係ない・・と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、その考えは間違っていると言わざるを得ません。

 

やはり、どういう患者さんと接するかというのは分かりませんし、もし少しでも英語の勉強が役立って外国人の患者さんを一時でも安心させることが出来たら、それはとても意味があるのではないでしょうか。

 

 

 

<英語の知識があれば可能性がひろがります>

 

それに医療用語には英語が用いられる場合も多々ありますので、英会話の知識が役立つ場面は、大いにあります。

 

今では看護学校受験に出る英語の問題集なども用意されていますので、受験前はそうしたテキストで集中的に勉強するのも良いでしょう。

 

できるならばテストの為の詰め込みではなくて、将来看護師になった時にも役立つ様な英語力を身につけられたら言うことありません。

 

ドクターと対等に話せるくらいの英語の知識があれば色々な仕事を任せてもらえる可能性もありますし、グローバルな現在の世の中では必ず大きな自分の武器となって、どこの病院に行っても重宝されるのは間違いありません。

看護学校受験のための英語についての情報でした。


スポンサード リンク