看護学校 社会人入試

看護学校の「社会人入試」の受験概要は !?

  スポンサード リンク

まず看護学校の「社会人入試」の実施時期についてですが、だいたいの「一般入試」が1月〜2月に行われるのに対して、「社会人入試」の多くは10月〜11月頃に行われています。

 

中には、8月〜9月に行われるケースもあり、「一般入試」とくらべると、かなり早いので、募集要項の入手等には注意しなくてはいけません。

 

 

次に、「社会人入試」の入試科目についてですが、看護学校の「社会人入試」の大多数は面接と小論文が課されます。
また事前に自己推薦書を提出させたり、適性検査が実施される学校もあります。

 

学科試験は、基本的には課されない学校が大部分ですが、中には、学科試験を1〜2科目課すところもありますので注意しましょう。

 

入試科目は、学校によって様々ですので、事前に志望校に合った対策を進めておきましょう。

 

 

 

<看護学校の「社会人入試」の倍率>

 

看護学校の「社会人入試」の倍率は低くはありません。募集人員が少ないので、むしろ高倍率の学校が多くなっています。
募集人数を明記している学校もありますが、多くは全募集人数の10%以内や20%以内のようです。
募集人数とは上限を示しているにすぎませんので、必ずその人数を取るということは意味しません。

 

ですから「社会人入試」の募集人数も、非常に少ないものだと覚悟して真剣に取り組むようにしましょう。

看護学校「社会人入試」受験概要についての情報でした。


スポンサード リンク