社会人 入試

看護学校の社会人入試ってどんな制度なのか?

  スポンサード リンク

1990年代の後半頃から、看護学校や看護大学でも「社会人入試」を取り入れる学校が急増していきました。

 

ですから、社会人になってから新たに看護の道を志す人たちにとっては、現在はとても喜ばしい状況となって来ています。

 

そこで、この看護学校の「社会人入試」の制度について、ご紹介したいと思います。

 

 

まず「社会人入試」とは、いわゆる非高校生専用の推薦入試のことで、社会人として生活をしてきた人を対象にした特別枠の入試制度のことを言います。

 

そういう言い方をしますと、「社会人入試」は何だか「社会人の特権」のように思ってしまいがちですが、この入試制度の対象となる社会人というのは、ただ単に社会に出て仕事をしているような会社員だけを指しているのではなく、実は、フリーター、主婦、大学生、短大生なども含んでいるのです。

 

 

 

<看護学校の「社会人入試」のメリット>

 

では、この「社会人入試」の最大のメリットとは、いったい何でしょうか?
一番にあげられますのは、仕事や家事等のため受験勉強の時間が取りにくかったり、勉強から離れてからかなり時間が経過してしまっているといった社会人の事情が考慮されており「一般入試」よりも少ない科目で受験できる点にあります。

 

また「社会人入試」で合格できない場合には「一般入試」にチャレンジすることも可能なのです。

看護学校「社会人入試」とはについての情報でした。


スポンサード リンク