手術室看護師

手術室看護師記事一覧

手術室看護師とは

手術室看護師は、ドラマでよく観るような手術しているお医者さんにメスを渡す役割をされている看護師です。緊急オペでもない限り、夜勤がなく日勤なので、そういった都合で手術室看護師に異動される方もいらっしゃるようですが、一般の外来や病棟に勤務する看護師とは、勤務形態や仕事内容の点で異なる部分が多くあります。...

≫続きを読む

手術室看護師の役割

手術室看護師の役割には、「器械出し」と呼ばれるものと「外回り」と呼ばれるものと二つあります。「器械出し」とは「直接介助」や「手洗い」とも呼ばれ、医師にメスなどの器具を渡す役割で、手術室看護師の新人看護師は、この「器械出し」からスタートすることが多いようです。「外回り」とは「間接介助」とも呼ばれ「器械...

≫続きを読む

手術室看護師の性格

手術室看護師の性格は、割ときつい方が多いように聞きます。きびしい本音の言葉もたくさん来るのは、それだけ緊張感・緊迫感があふれる職場のせいだからでしょう。閉鎖空間で話せるのは医師と手術室看護師だけですし、患者さんの家族も見ていません。何しろ人の命がかかっているのですから真剣そのものです。ですから、それ...

≫続きを読む

手術室看護師のやりがい

手術室看護師は、普通の仕事からは得られないやりがいがあります。円滑に手術を進めるために器械などの必要物品を準備・配置したり、人命救助の誇りを切実に感じる中で、毎日新しく生まれ変わるような自分が磨かれていく感覚は何物にも代え難い感動になります。また、人体のしくみを目の当たりにし、薬の使い方や気管挿管な...

≫続きを読む

手術室看護師の給料

手術室看護師の給料は、病院によってさまざまですが、たいていは月給20万円〜30万円くらいのようです。また「危険手当」や「待機手当」というものが手術室看護師には付く場合がありますが、病院により異なりますので確認していただくとよいでしょう。手術室看護師は、高度なスキルをもち緊迫感の中で戦うナースです。体...

≫続きを読む