手術室看護師 給料

手術室看護師の給料は?

  スポンサード リンク

手術室看護師給料は、病院によってさまざまですが、たいていは月給20万円〜30万円くらいのようです。

 

また「危険手当」や「待機手当」というものが手術室看護師には付く場合がありますが、病院により異なりますので確認していただくとよいでしょう。

 

 

手術室看護師は、高度なスキルをもち緊迫感の中で戦うナースです。体力も集中力も要するわけですから、そのことを考えると、何だか給料が少し安いような気もしてきますね。
けれども、手術室看護師は基本的に夜勤がないので、そう考えると夜勤の看護師の給料が高いことには納得できます。

 

中には、夜勤があるかないか、日曜祝日がお休みかどうかで、この手術室看護師を選択される方もいます。
しかし病院によっては「待機手当」が付いて、夜中に呼び出されたり緊急の場合に備えて待機する場合もあります。

 

 

 

<手術室看護師の「手当」について>

 

三次救急も受け持つような大きな病院では手術室看護師にも夜勤があります。
そういうところでの手術室看護師給料は、病棟の看護師よりも多いでしょう。

 

一般的な病院ですと、夜間や緊急時に、呼び出し制で拘束されることがあり「待機手当」が付きます。この場合の「待機」とは、呼び出されたらすぐに病院に駆けつけることができる状態のことを言います。

 

この手当も病院でまちまちですが、だいたい一回に数千円程度のようです。
「待機」は週に1〜2回ほどで毎晩二名ほど「待機」をつけてます。そして、呼び出しがなければ「待機手当」のみ、呼び出しがあれば「待機手当」+「時給」が発生します。
ですから、夜間に何回も呼び出されていたら、その分、手当が増えて行きます。

 

また、手術室看護師には、感染症へのリスク、ポータブル・レントゲンを使用するための被曝のリスク等々から「危険手当」が付きます。

手術室看護師の給料についての情報でした。


スポンサード リンク