手術室看護師 性格

手術室看護師の性格はきつい方が多い !?

  スポンサード リンク

手術室看護師性格は、割ときつい方が多いように聞きます。

 

きびしい本音の言葉もたくさん来るのは、それだけ緊張感・緊迫感があふれる職場のせいだからでしょう。

 

閉鎖空間で話せるのは医師と手術室看護師だけですし、患者さんの家族も見ていません。何しろ人の命がかかっているのですから真剣そのものです。ですから、それなりの雷が落ちることはあるかもしれません。

 

 

手術看護室は、看護病棟と比べると特殊であると聞きます。
まったく患者さんとのコミュニケーションがないわけではありませんが、それよりか技術や能力のレベルを高く買う傾向があるからかもしれません。

 

学校のクラスで例えるならば、手術室看護師性格は頭のいい技術に優れた辛口、看護病棟ナースは優しくて温和で人を気遣うタイプかもしれません。
この例えが適切かどうかわかりませんが、どちらがいいというわけではなく、どちらも必要な存在なのです。
技術もコミュニケーションも大切なものですし、この両方に長けていたり両立できているような人はあまりいないかもしれません。どちらかに長けている場合が多いことでしょう。

 

私の性格は、辛口が苦手で人に優しいと言われています。その代わり、どちらかというと動作も判断力も遅いタイプなので、恐らく手術室看護師には向いていないと性格だと思っています。

 

 

 

<慣れるまでが大変かもしれませんが、慣れると面白く素晴らしい職業です>

 

しかし、どんな人であっても、私のような人間でも、一概に「なれない !」とは言い切れません。

 

慣れてしまえば、手術室看護師は面白い職業だと聞きます。
希望して配属されたわけでなくても、結果的に「よかった !」と思っている方も多いようです。

 

ですから、もしもあなたが手術室看護師に興味を持っているならば、まずはその方面の専門家に会って話を聞いたり見学をさせてもらいましょう。
「百聞は一見に如かず」です。実際に見て、空気に触れてみることは大切です。

 

メンタルの面も、打たれても起き上がればいいだけです。七回転んでも八回目に起き上がればいいのです。

手術室看護師の性格についての情報でした。


スポンサード リンク