手術室看護師

手術室看護師を目指すあなたを応援しています

  スポンサード リンク

手術室看護師は、ドラマでよく観るような手術しているお医者さんにメスを渡す役割をされている看護師です。

 

緊急オペでもない限り、夜勤がなく日勤なので、そういった都合で手術室看護師に異動される方もいらっしゃるようですが、一般の外来や病棟に勤務する看護師とは、勤務形態や仕事内容の点で異なる部分が多くあります。

 

また、手術に立ち会う仕事のため、手術室内の雰囲気を察したりしなければなりませんので、体力と集中力とともに観察力も求められます。手術中の緊迫した空気の中での医師のフォローや、患者さんと触れ合う時間が限られてるとは言え、術前・術後の患者さんの気持ちを和ませる能力も必要になります。

 

患者さんにとって手術を受けることは、悩まれた末での大変な決断ですので、そんな患者さんの信頼に、手術室看護師は応えなければなりません。

 

ただ、どれだけ大変な思いをしても、手術後、元気になられて退院される患者さんの姿や笑顔を見たりするにつけ、手術室看護師としての「やりがい」をつくづくと感じるようです。

 

 

 

<人の命を支える「やりがい」のある仕事です>

 

手術室看護師,職業,手術,仕事

手術の種類や執刀医の数があれば、それだけ手術のパターンがあり、手順などを覚えなければならない他、器械、薬剤や麻酔等の知識も必要になります。

 

その上、手術は患者さんの生命に関わることですので、細心の注意が必要になり、ミスは許されませんので怒鳴られることもあります。

 

また、リスクの高い緊迫する手術もありますし、緊急手術などが入ると長時間立ち続けなければならないこともあります。

 

けれども、そんな大変な仕事だからこそ「やりがい」があります。
手術室看護師は人の命を支える立派な仕事です。ぜひ自信を持って目指されてください。

手術室看護師とはについての情報でした。


スポンサード リンク