手術室看護師 やりがい

手術室看護師だからこそ得られる「やりがい」とは !?

  スポンサード リンク

手術室看護師は、普通の仕事からは得られないやりがいがあります。

 

円滑に手術を進めるために器械などの必要物品を準備・配置したり、人命救助の誇りを切実に感じる中で、毎日新しく生まれ変わるような自分が磨かれていく感覚は何物にも代え難い感動になります。
また、人体のしくみを目の当たりにし、薬の使い方や気管挿管など救急や急変対応など、とても勉強になります。

 

さらに、患者さんから笑顔で感謝された時には、本当にこの仕事をしていてよかったと痛感される方も多いようです。

 

 

手術室看護師やりがいは、この手術室看護師という特殊なカテゴリーならではのものがあります。

 

この仕事は最初が大変のようですが、慣れていく中で、器具の名前やそれぞれの名称を覚えたりしていくうちに、その経験が自信になり誇りに繋がるようです。

 

一見大変な、また実際にも大変なお仕事ではありますが、それに相当するやりがいも感じられることでしょう。

 

血液も見ると最初は倒れてしまう方も中にはいらっしゃるようですが、慣れてしまえば仕事をこなすことができるようになります。

 

人命救助の大切な部分を担っている職業です。患者さんとお話する機会が少なくても、大切な命を預かり、使命を果たしていく姿は、病院内で目立たなくとも、とても尊いものです。

 

 

 

<興味があるならぜひインターシップから>

 

手術室看護師は、患者さんとのコミュニケーションは最小限かもしれませんが、入院加療のメインイベントである手術に立ち会い援助できるわけですから、実にやりがいのある職業です。
また短時間ではあっても、担当期間に患者さんの抱えている問題をアセスメントし看護をするので内容は密ですので、誇りを持って突き進んでください。

 

興味のある方にはぜひチャレンジしていただきたいお仕事です。

手術室看護師のやりがいについての情報でした。


スポンサード リンク