認定透析看護師

認定透析看護師

  スポンサード リンク

認定看護師制度をご存知ですか?

 

特定の看護分野で高度な知識と技能を持ち、それを実践でき、かつ指導もできる看護師を育成するために日本看護協会によって作られた制度のことです。

 

これは熟練した実践能力が必要とされることから、看護実務5年以上、そのうちその専門分野で3年以上の経験がないと、制度利用の資格さえありません。ですから、まず、自分がやりたい看護での実務経験を積むのが先決です。

 

もし、透析看護の分野で認定看護師の資格を得たいなら、目指すのは「認定透析看護師」です。透析看護自体が非常に専門性が高い分野の看護医療になりますから、認定透析看護師となればその専門性の高さは最たるものです。実務経験が要件を満たしたら、認定看護師教育機関で6ヶ月に及ぶ受講となります。

 

ここで気をつけなければならない事があります。透析看護の実務として認められるのは、透析室などで専門的にその実務をこなしている場合であって、ICUや病棟での一時的な経験では認められません。透析導入期、長期維持透析、ハイリスクなどの看護経験5例以上を有し、しかも今現在透析医療に従事していることが良いとされています。

 

 

 

〈その分野のスペシャリスト〉

 

6ヶ月に及ぶ教育カリキュラムを終えてから認定試験を受け、認定試験を受けて合格すれば、晴れて「認定透析看護師」として活躍することができます。

 

「透析看護認定看護師」試験の合格率は90%以上と言われてますので、きちんと教育課程を修了した人なら、高い難易度ではないと言えましょう。また、教育カリキュラムを受けている間は休職することになってしまいます。ですから、現場に復帰した際には、その分を周囲に感謝をこめて、誠心誠意で職務を全うしましょう。

 

認定看護師は、一定の経験と研修を受けて取得するものですから、看護師からすると、その分野のスペシャリストとして認められることを意味します。また、専門性を認められるということは、給与の面でも資格手当てなどがつき、他の部署への異動も言われることもなくなります。このように待遇もよくなりますが、その分責任も重大です。

 

また「認定透析看護師」以外にも「透析療法指導看護師」や「透析技術認定士」などがあり、それぞれ透析のスキルの面で一定のレベルにあることを証明するものとなります。看護師は、今後、より専門性を高めていく必要があるでしょう。

認定透析看護師についての情報でした。


スポンサード リンク