透析看護師 資格

透析看護師の資格

  スポンサード リンク

透析看護師になるのには資格はいりません。

 

ただ、こう言ってしまうと若干の語弊があります。それは看護師になること自体に資格が要るからです。

 

看護系の大学か専門学校を卒業し、国家試験に合格しなければ看護師にはなれません。看護師の資格を取得した上での話なら、新卒でも透析看護師にはなれます。

 

大きな病院の場合には、はじめに配属されたところが透析科ということもあります。けれども、透析専門の病院やクリニックによっては、新卒や透析の実務経験の無い看護師を雇わないところもあります。

 

透析看護は、とても専門性の高い分野の看護です。
そのため、誤解されていることも多く、透析看護師は、他の分野でつぶしが利かないとか、勉強にならない・・とか言われることがありますが、そんなことはありません。透析の分野こそ、合併症などの幅広い知識が必要になってきますし、食事療法などは、どの看護分野でも大切な基礎知識です。

 

第一、どこにいようとも勉強は必要なものです。自分からセミナーや勉強会にどんどん参加して、最新の情報を仕入れていくことが、医療現場に身を置くものの正しい姿勢だと言えましょう。

 

 

 

<透析看護師の資格で意外に多い臨床工学技士>

 

透析看護師が資格取得を目指す中で、最も多いのが、臨床工学技士です。臨床工学技士としての知識は、透析看護師の仕事をする上で、あった方が良いのです。

 

透析室では、臨床工学技士が、透析の機械を操作したりメンテナンスを行います。実際の医療現場では、透析看護師がこの透析の機械を操作することもあリます。ですから、透析の機械操作やメンテナンスに詳しいに越したことはないのです。

 

透析室によって割合は異なりますが、透析室は透析看護師と臨床工学技士がほとんどです。そうしますと、両方の資格を取得している人がいるのが、職場からすると最も好ましい状態なのです。両方の資格を取得していると、年収アップにも繋がりますし、透析室の室長などを目指すのであれば、臨床工学技士の資格は必要不可欠になってきます。ほとんどの透析室の室長は臨床工学技士だからです。

 

臨床工学技士として仕事をするわけではなくとも、透析室における業務全般を、自信を持ってこなしていくためには、必要かつ有益な資格と言えましょう。

 

 

透析看護師の資格についての情報でした。


スポンサード リンク